TOP プロフィール 柳川三味線とは 出演情報 ディスコグラフィー 教室案内 フォトギャラリー

出演情報


コンサート
伝統芸能文化創生プロジェクト 講座シリーズ#5「三味線組歌って何?〜楽譜から読み解く三味線古歌謡〜」  - 2018年12月23日
「三味線組歌」は、すべての三味線音楽の中で最初に生まれた芸術歌曲です。
 京都には、昔ながらの柳川三味線で演奏される柳川流三味線組歌が伝承されており、その古い楽譜も残っています。全部で34曲の楽譜がありますが、わずか6曲しか伝承されておらず、地歌箏曲家の故・津田道子師によって復原された数曲を含めても、演奏されていない曲はまだたくさんあります。そうした研究の流れを引き継ごうと、この度、地歌研究の井口はる菜氏によって、《乱後夜》《晴嵐》の2曲が新たに復原されました。
 本講座では、井口はる菜氏を講師に招き、古楽譜に書かれている内容や解読方法など、復原のプロセスについてお話しいただきます。また復原曲を含めた三味線組歌の演奏もお届けします。

〇時間 14:00-16:00(開場13:30)
〇場所 京都芸術センター 講堂
〇募集要項
参加無料・予約申込可(定員制)当日参加はお問合せください。
(☎075-255-9600/E-mail taro@kac.or.jp)
http://www.kac.or.jp/events/24357/
※上のページからお申し込み頂けます。

〇講師 井口はる菜(関西外国語大学外国語学部講師)
〇演奏(五十音順)
後藤愉香
鈴木由喜子
髙橋要
林美恵子
林美音子
百武史子
吉田則子

●曲目
琉球組
千代の恵み
早舟
乱後夜
晴嵐

〇主催 伝統芸能アーカイブリサーチオフィス(京都市、京都芸術センター)

PAGETOP

お問い合わせ